【ぶどうの剪定方法】時期・種類・方法(やり方)


ぶどうの木を剪定するときのポイントは

ぶどうの木の剪定をするときのポイントは、品種ごとに剪定方法を変えるということです。剪定するときに枝を切るのは芽の上の部分で切り落としますが、ぶどうの木の場合は安易に切ってしまうと枯れてしまうので、枯れないように芽の部分で切り落とす犠牲芽剪定というやり方が一般的です。

ぶどうの剪定時期はいつがいいの

ぶどうの剪定の最適な時期は、1月から2月です。この時期は葉がすべて落ちて枝の成長具合が一番見やすい時期です。剪定するときは枝の太さによって剪定はさみを変えてから切り落としていくと、剪定しやすいので複数の種類の剪定はさみを用意しておくようにします。また、1月から2月は寒いので防寒対策をじっかりとしてから剪定しましょう。 剪定者の体調を考えると、高齢者が剪定を行うときは、脳出血や脳梗塞などになりやすい寒い1月から2月の時期は避けて12月中に剪定をすることも可能です。ただし、3月までには剪定を完了しておけなければいけません。

ぶどうの木の剪定方法

  • 1年目のぶどうの木の剪定方法

  • 2年目のぶどうの木の剪定方法

  • 3年目のぶどうの木の剪定方法


1年目のぶどうの木の剪定方法

1年目と言えば植え付けを行う時期で、株の成長を促すために樹高を整える必要があります。樹高の高さは地植えと鉢植えで若干違います。地植えの場合は、地面から60㎝のところで水平にカットします。鉢植えの場合は、地面から30㎝の高さで切り落とします。切り口には癒合剤を塗ると病気防止対策になります。

2年目のぶどうの木の剪定方法

2年目の剪定では、地植えならばフェンスを使った垣根仕立てにするか、支柱を刺して一文字仕立てにします。鉢植えならばあんどん仕立てにします。仕立てるときに弱っている枝や葉はカットして樹木の成長をできるだけ促すようにします。

3年目のぶどうの木の剪定方法

3年目になると樹形がきれいに整ってくるので、品種に応じた剪定を行います。巨砲やピオーネなどの木の勢いが強い品種の場合は、実が成った枝に長梢剪定と言って、4~8芽だけを残してから先端部分を切り落としていきます。デラウェアなどの勢いが弱い木には短梢剪定を行います。

ぶどうの木の剪定の種類

  • 短梢剪定の方法

  • 中梢剪定の方法

  • 長梢剪定の方法

  • 二芽剪定の方法


短梢剪定の方法

ぶどうの木の剪定には短梢剪定という剪定方法があります。短梢剪定は、前年に成長した芽の中で2芽だけを残して残りの芽をカットします。3芽だけ残してカットするのは木の勢いが弱いマスカットベリーAやシャインマスカットなどに有効な剪定方法です。前年についた芽を2芽残していく剪定方法なので、年々2芽ずつ増えていくことになり、徐々に芽の数が増えていき実の数も増えていきます。

中梢剪定の方法

ぶどうの木の中でもある程度樹木の勢いが強いナイアガラなどは、中梢剪定と言って結果母枝に4~5芽残してカットします。開花手前で摘心して花ぶるいを予防します。

長梢剪定の方法

長梢剪定の場合は、中梢剪定よりも難しくデラウェア・甲州などの品種は4~6芽残してカットします。巨砲などの大粒の品種の場合は、超長梢剪定と言って7~8芽残してカットします。新梢を固定してから育てるギョ―仕立てと、新梢を固定しないティーボード仕立てというものがあります。新梢の誘引する角度によって樹勢を変えることもできて、90度が一番樹勢の強い育て方で、逆に言えばあまり大きく育てたくなければ、30度や60度など角度を斜めにすると樹勢を抑えることができます。これで樹勢を調整する剪定もできます。長梢剪定は非常に難しい作業なので、家庭菜園などでブドウを育てている人は、無理にやらないでプロの剪定師に任せるのが賢明です。

二芽剪定の方法

二芽剪定とは、新芽を出したいときに有効な剪定方法で、2芽だけを残して3芽以上をカットすることで新芽を効率的に出していくことができます。その時注意しなければいけないのが一番根元の1芽は芽の数には入れないということです。

ぶどうの芽傷処理は重要

ぶどうの初芽を促すために芽傷処理を行います。行う時期は初芽1か月ほど前の2月中旬に行います。芽傷処理とは、芽のすぐ上の部分に傷をつけて初芽を促します。こうすることで、オーキシチンによって初芽しやすくなります。初芽を抑制する植物性ホルモンの流れを抑えてくれます。