【庭の手入れは何時するべき!?】自分でやった方が良い!?それとも業者がおすすめ!?


庭の手入れは必要なの?

自己所有の家に住んでいるとき、庭にシンボルの木や好きな草木を植える人はたくさんいます。最初はほったらかしでいいのですが、ある程度期間が過ぎれば手入れをしないと生え放題で折角の庭が台無しになります。 さらに、隣接する住人から苦情が出る可能性もあります。最初に草木を植えたのであれば、その後の手入れは定期的に行わなければいけません。

庭の樹木の手入れはいつ行えばいいの?

一度草木を植えてから手入れをしようと考えていても、いつすればいいのかがわからない人はたくさんいるのではないでしょうか。では、庭の手入れをいつ行えばいいのか、それは草木が枯れて枝のみになる秋から冬に行うのが効果的です。この季節は邪魔な葉っぱがほとんどなくなり幹と枝のみとなるので、剪定するのにはやりやすい状態です。 自分で手入れをするのであれば、よりこの季節に行うと効果的です。太い枝を残して細い枝を切り落としていけば、翌年の春には美しい庭になります。植え込みの低い樹木は、根切りをすると翌年もスッキリとした状態を保ってくれます。形を整えるだけではなく、肥料も一緒に巻いていけば、翌年も力強く育ってくれます。

庭の樹木の手入れは自分でするの?それとも業者に依頼

  • 自分で手入れをする場合

  • 業者に依頼する場合


自分で手入れをする場合

庭の手入れをする場合、自分ですると一切お金が発生しません。手入れするときの道具代ぐらいで、あとは全て自分でするので費用面では安く済みます。ただ、自分で庭の手入れをする場合、時間と労力が発生します。庭の手入れをしている時はほかのことがまったくできなくなります。時間と労力をお暇ない人は、自分で手入れがおすすめです。

業者に依頼する場合

業者に依頼する場合は、なにもしないで庭が綺麗になります。ただし、業者に依頼すると作業に見合う料金が発生します。時間が取れなくて多少の出費は仕方がないと思う人は、業者に依頼する方が便利です。

庭の雑草の手入れも必要

庭の手入れで重要なのが雑草の処理です。植えた樹木をできるだけ成長させるには、栄養を横取りしている雑草は除去しておく必要があります。春から夏にかけて雑草は思いっきり育ってしまいます。この時期の雑草はこまめに取り除かないと、育ってほしい樹木に栄養があまりいかなくなります。

雑草の種類別の手入れ

  • 根が広がる雑草の手入れ

  • 種が飛んできて繁茂する雑草の手入れ


根が広がる雑草の手入れ

雑草の中でも根を広く張っていくものの手入れが必要になります。クローバーは典型的な根を張る雑草です。このタイプは上の葉の部分だけを取り除いても、またすぐ生えてきます。このタイプは、根から取り除いてしまわないといけません。

種が飛んできて繁茂する雑草の手入れ

たんぽぽやナズナなど飛来してきて繁茂するような雑草の場合は、別の手入れが必要になります。このタイプの雑草は根から取り除く必要はなく、上の茎と葉を取り除けば次生えてくることはありません。手で抜くには広範囲で生えている場合は、除草剤をまいてからしてしまえば枯れてしまいます。ただ注意しなければいけないのが、品質が悪い除草剤だと、植木にも悪い影響を与えかねないので注意が必要です。

庭の手入れはプロの業者に任せるべき

  • 剪定業者選びは慎重に

  • 庭の剪定を業者に依頼するときの相場料金

  • 生垣の選定料金はいくらなの?

  • 庭の手入れをした後の枝はどうなるの?


剪定業者選びは慎重に

庭木の手入れを自分でするのが面倒、時間がないという人は専門業者に依頼して行ってもらうこともできます。業者に依頼する場合、費用が発生します。それも業者ごとによって料金が大分違います。安い業者もあれば高い業者もあります。できれば出費は抑えたいところです。業者でもプロが行うところからアルバイトにさせるところまで様々です。金額と手入れ後の庭の状態で大きく変わります。そこで業者に依頼する時は相見積もりをするのが効果的です。

庭の剪定を業者に依頼するときの相場料金

業者に庭の手入れを依頼する前に、相場料金を把握しておく必要があります。相場料金と比べて安いのか高いのかで依頼する業者をどこにするかを決められます。地域によっても料金は変わりますし、技術力によっても料金は変わります。プロの技術が高い職人に依頼した場合の相場料金は20000円前後になります。アルバイトレベルの人が行う場合は5000円程度で依頼できます。自分の庭の何を手入れしてもらうかでプロに依頼するか、アルバイトレベルでいいのかを見極めれば間違いはありません。

生垣の選定料金はいくらなの?

生垣の手入れを業者に依頼すると、仕上がりは業者の技術力が大きく影響します。技術力があれば、情緒豊かな仕上がりになりますし、技術力がない業者ですと、機械的な仕上りになる可能性もあります。機械的な仕上がりの場合、自分でもできるような手入れなので、わざわざ業者に依頼する必要もないかもしれません。依頼するときに仕上がりをどうしたいかで決めることになります。 生垣の料金の計算方法は2種類あり、1日いくらの計算方法と1m当たりいくらという特殊な計算方法があります。この場合は、技術力が必用な生垣なのでプロの庭師が行ってくれる1m当たりいくらの方が想像通りの仕上がりになる可能性が高くなります。機械的でも良いので安く仕上げたいのであれば、1日いくらの業者で十分です。

庭の手入れをした後の枝はどうなるの?

庭の手入れをした後には、大量のゴミが発生します。業者に依頼した場合、ゴミの処理まで行ってくれるのかどうかは重要です。業者の中には、ゴミは依頼主自身で処理しなければいけない業者もあります。残されたゴミの処理までしっかりと引き取ってくれる業者に依頼したほうが後々便利です。


剪定業界最安値剪定業界最安値

【04月03日 07時27分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【04月03日 07時27分現在】
お電話、すぐに対応いたします。

剪定
【お庭マスター】