【芝生の水はスプリンクラーが簡単】スプリンクラーで水を撒く場合の【メリット・デメリット】水量・時間帯・間隔

芝生の水撒きが面倒だと感じている人も多いのではにでしょうか!?そこで今回は、芝生の水撒きを自動で行ってくれるスプリンクラーのメリット・デメリット、給水間隔・時間・水の量等について【まとめ】てみました。

芝生の水は自動がおすすめ

芝生の水やりですが、広さが狭ければ上呂などで水やりをしてもそこまで苦にはなりませんが、芝生の広さが広いときに手で水を撒くのには相当な労力が必要になります。できることなら水撒きをしないで済むのであれば、それに越したことはありません。芝生の水やりは必要で、特に夏場の芝生は水を撒かなければ枯れてしまいます。折角敷いた芝生なので、枯らしたくありません。それには、適度な水分を与えなければいけません。そんな水撒きをするうえで手動ではなく自動でできれば、労力も時間もロスすることなく自分の時間を使う必要もありません。

芝生の水やりを自動で行うとこうなる

できるだけ楽に水撒きをしたいのであれば自動散水がおすすめです。そんな自動散水には、スプリンクラーというものがあります。スプリンクラーを使って自動散水すれば、時間の浪費と労力を使う必要がなくなります。

芝生に自動で水やりをするには

  • スプリンクラーの使い方

  • スプリンクラーのメリット

  • スプリンクラーのデメリット


スプリンクラーの使い方

スプリンクラーを使って自動散水ができます。スプリンクラーの使い方はとても簡単で、散水したい場所にスプリンクラーを置いて、ホースでつなぐだけで完成です。あとは、スイッチをオンにするだけで自動散水してくれます。自動散水も、360度回転しながら散水するスプリンクラーや180度回転させて散水できるスプリンクラーなど、いろんな種類のスプリンクラーがあります。自分の芝生の形状に合わせてから、どのタイプのスプリンクラーを設置すればいいかを間違えなければ、設置後は自動で散水してくれます。

スプリンクラーのメリット

スプリンクラーのメリットとしては、芝生への散水を自動で行ってくれて、暑い夏場などは汗だくになって水撒きをしなくても済みます。スイッチをオンにするだけで後はスプリンクラーが自動で散水してくれます。スプリンクラーにはタイマーが設定できるものもあり、時間になったら勝手に散水してくれます。なので、自宅にいないときでも自動でスプリンクラーが芝生に散水してくれます。芝生への散水を忘れることもありませんし、外出中でも気にすることはありません。

スプリンクラーのデメリット

スプリンクラーは時間と労力を使わなくてもよいというメリットがありますが、デメリットはないのでしょうか?スプリンクラーのデメリットと言えば、スプリンクラーを購入するときの費用くらいではないでしょうか。スプリンクラーを購入しなければいけません。スプリンクラーを購入すると初期費用が掛かります。初期費用と言っても、安いものであれば数千円で購入できます。メリットを考えるとデメリットと言えないかもしれません。

スプリンクラーで芝生に水やりをするときの注意点

  • どのくらいの水をやればいいの

  • 水やりに適した時間帯

  • 自動スプリンクラーの給水間隔は


どのくらいの水をやればいいの

スプリンクラーで芝生にどのくらいの水を散水すればいいのでしょうか?自動散水をした場合、水道代も気になるところです。できるだけ水道料金が上がらないようにするためには、散水する時間も重要です。季節ごとに散水量は変わってきます。夏場の暑い季節は1回の散水量は多くなり、梅雨のシーズンはほとんど散水する必要はありません。散水時間は、散水後に芝生がしっとりとする程度というのが理想的な散水時間となり、季節ごとに最初にどのくらいの時間散水すると、芝生の状態がどう変わるかを目で確かめてから時間調整を行いましょう。新芽を出して育つ時期の芝生には多めの散水時間で対応して、夏場も暑いのでその分長い時間散水する必要があります。

水やりに適した時間帯

水やりを行うときにいつすればいいかです。通常の水やりをする時間帯としては、朝か夕方というのが一般的です。朝と夕方の2回水やりを行えば植物を枯らすことなく生き生きとした状態を保つことができます。それが芝生の場合でも変わらず、朝晩にたっぷりと水やりをすれば問題ありません。スプリンクラーになっても時間帯は変わりません。朝と夕方の2回散水すれば問題ありません。完全自動散水するために、朝と夕方の2回の時間設定ができれば、後はほったらかしで芝生に散水してくれます。

自動スプリンクラーの給水間隔は

自動スプリンクラーで散水するときに給水はどうしているのでしょうか。スプリンクラーの場合、最初に水道管からホースを伸ばしてスプリンクラーに取り付けます。取り付けたスプリンクラーは給水も自動で行えるので、放置しておいて問題ありません。給水は必要がないということです。

まとめ

まとめ
いかがでしたか!?今回は、芝生にスプリンクラーで水をあげる注意点等について解説させていただきました。スプリンクラーの設置等で困った場合は、近くの植木屋さんや専門業者に依頼するのがおすすめです。


剪定業界最安値剪定業界最安値

【07月05日 10時15分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【07月05日 10時15分現在】
お電話、すぐに対応いたします。

芝生
【お庭マスター】