【芝生の根切りの時期・方法(やり方)・道具】まとめ

芝生の根切りの方法が分からないと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか!?そこで今回は、その根切りについて、根切りが必要な理由、根切りに最適な時期、道具、やり方(方法)について解説させて頂きます。

芝生の根切りが必要な理由

芝生は一度植えると長い期間成長を続けてそのまま広がってくれます。少しの芝生を庭に敷くだけで、年々芝生が生える範囲が広がっていき庭全体にまで生えます。ほったらかしでも成長し続けますが、根切りを行うことで成長速度が速くなります。芝生は根切りをすることで、一生懸命成長しようと芝生の生命力がつよくなり成長速度が上がります。そのため年に1回は根切りをすることで、芝生を緑豊かな状態に長い期間保ち続けることができます。

根切りとエアレーションの違い

芝生の手入れを始めてする人にはわかりにくい専門用語がいくつかあります。その中でエアレーションと根切りというものがあり、どう違うのかわからないという人もいるのではないでしょうか。エアレーションとは、芝生に空気を与えるために土に穴をあけていく作業のことを言います。エアレーションを行うことで、空気が土の中に入っていき、芝生の成長を促進してくれます。 同じように根切りというものも芝生の成長を促進する作業となります。エアレーションと違うのは、芝生にカッターと言われるスコップのようなものを刺していき芝生の根を切っていきます。切られた芝生は生きようとして強い成長力を発揮してくれて、よく成長してくれます。同じ芝生の成長を促進する作業ですが、やり方が違います。根切りとエアレーションは基本的には両方同じ道具を使って、どちらも同時に行うことがほとんどです。厳密には違いますが、どちらも同じと考えても間違いではありません。

根切りするときの道具

根切りをするときに使う道具には、ローンスパイクやカッターと言われも物を使います。ローンスパイクには、根切りとエアレーションの両方を兼ね備えたものもあります。カッターを使うことで芝生の土に切り込みを入れて根を切っていきます。ローンスパイクも芝生に突き刺して根切りをする道具で、同時に土に空気層となる穴を開けていきます。穴を開けて目土をすることで芝生の成長を活性化させます。

最適な根切り時期は

  • 根切りをする時期はいつがいいの


根切りをする時期はいつがいいの

芝生の根切りをするのに適した時期はいつなのでしょうか?芝生でも暖地芝生と寒冷地芝生で若干根切り時期は変わります。暖地の芝生の根切りに最適な時期は3月から6月末と9月になっていて、寒冷地の芝生の根切り時期は3月から6月中旬と9月中旬から10月末までになっています。暖地の方が根切り期間可能は長くなります。根切りは芝生に大きなダメージを与えるので、成長力が高い時期にするのが効果的です。年によって気温が変わるので、ここで上げた期間はあくまでも目安として、気温も大きく関係しているので根切り可能期間でも極端に気温が低いときは控えるようにしましょう。
毎年根切りは必要
根切りは春や秋などに行うのがベストな選択ですが、毎年根切りを行わなければいけないのでしょうか?根切りは芝生の成長を促す重要な作業です。できれば毎年根切りを行って芝生の成長を促しましょう。そうることで美しい緑の芝生を毎年見られます。

根切りのやり方

根切りをする前に芝刈りを行ってできるだけ根切りがしやすくします。準備ができたらローンスパイクを使って芝に穴を開けていきます。穴が開いて出てきた土が乾いたら、集めて別の場所に捨てます。穴が開いた個所に目土をして水を撒いて完成です。穴は自然にふさがり芝生が活性化されて成長する力が増します。

お勧めの根切り道具

芝生の根切りを行うときに使う道具ですが、ローンスパイクやカッターが最適です。それもできるだけ土の中深くまで刺すことができるローンスパイクやカッターであれば、芝生の成長をより促進してくれます。ローンスパイクにはハンドルがついているので、土に突き刺した後にハンドルを開くと根切り効果が上がります。ローンスパイクやカッターにもいろんな種類があるので、いろんな口コミを見てから最高の根切り道具を見つけましょう。

まとめ

まとめ
いかがでしたか!?今回は、芝生の根切りの時期・方法(やり方)・道具等についてご紹介させて頂きました。お庭の芝生を綺麗に保つために、是非、実践してみてください。 芝生の根切りは、自分でも可能ですが、道具を揃えたり、時間を作ったり、なかなか出来ない場合があります。時期をの逃さないで根切りを行いたい場合は、近くの植木屋さんや専門業者に依頼するのが効率的です。 最近では、作業費も安くできる業者があります。