【芝生の水やりが自動になるスプリンクラー】スプリンクラーの種類・特徴・価格(値段)はどのくらい!?選び方、おすすめは!?

芝生の水やりが大変と思っている方も多いのではないでしょうか!?そこで、今回は、その芝生に水を撒くためのスプリンクラーについて、その種類・値段(価格)・選び方等をご紹介させて頂きます。

芝生の水やりはどうやるの?

芝生を植えていると、幅広い範囲の水やりをしなければいけません。水やりは比較手的回数が少なくて済みますが、それでも範囲が広いので水やりをするときに手動で行うと苦労します。芝生の水やりにはどのようなやり方があるのでしょうか?水やりをするときには手動散水と自動散水の2種類があります。手動散水とは、上呂を使って手で水を撒いていくやり方です。この場合は、広い範囲の芝生への水まきには向いていません。家庭の庭やベランダの芝生など狭い範囲の芝生の水やりであれば手動散水で十分可能です。 散水する芝生の面積が広くなると手動散水では作業が大変になります。10㎡以上の広さの芝生への水やりの場合は、自動散水をお勧めします。自動散水であれば労力がいらず、タイマー設定もできるため必要な時間帯に自動で散水してくれます。ただし自動散水の場合は、電気代がかかるのでその点は費用面では高くなります。

芝生に最適な散水する水の量

芝生に散水するときの水の量ですが、どのくらい散水すればいいのでしょうか?通常の草木と違って芝生に散水した場合、土に水が浸透する前に流れてしまいます。そこで通常の草木ほど散水する必要なく、土がしっとりと湿る程度の散水をすれば十分です。 水のやりすぎには注意が必要です。水をやればいいというわけではなく、水をやりすぎると根くされの原因にもなります。芝生はそこまで水を与えなくても十分に成長してくれる生命力が強い植物です。逆に水のやりすぎには注意が必要で、特に日本の梅雨は雨が降りやすく多くの水分が土中に含んでいるので根腐れの原因になります。

●自動散水と主導散水どっちがお得

  • 自動散水のメリットとデメリット

  • 手動散水のメリットとデメリット


自動散水のメリットとデメリット

自動散水と言えばスプリンクラーが有名です。霧状の水を左右に噴射してくれて水やりを自動でしてくれるのは助かります。自動散水をするときのメリットは設置するだけで後はほったらかしでいいということです。散水する角度も360度・180度などいろんな角度の散水ができます。芝生に合わせた散水角度の自動散水が可能です。 デメリットもあります。家庭などであまり広くない芝生の場合、180度散水をするときに、1個のスプリンクラーでは散水できない部分があります。それを補うためには3つほど設置しなければいけなくなります。スプリンクラーを作動させるときの電気代もかかり費用面で高くつきます。

手動散水のメリットとデメリット

手動散水のメリットと言えば費用面です。散水するための上呂ぐらいしか必要ありません。あとは手動で散水するので、水道料金以外はお金がかかりません。手動散水の場合、労力を使わなければいけないので広い範囲の散水には向きません。家庭の芝生程度であれば手動散水でも十分ですが、広大な庭に芝生を植えている場合は、手動散水を毎日するのは重労働です。
  • スプリンクラーのメリット

  • スプリンクラーのデメリット


スプリンクラーのメリット

スプリンクラーの最大のメリットと言えば、自動で散水してくれるということです。散水する種類も選択できて、芝生の形にあったスプリンクラーを選べます。

スプリンクラーのデメリット

スプリンクラーのデメリットと言えば初期投資が必要ということと、電気代がかかるということぐらいです。設置さえ終えれば、自動で散水するので労力を必要としません。特にデメリットを考える必要もなく、そこまで電気代はかかりません。

スプリンクラーの種類

  • トリプルアームスプリンクラー

  • ミストスプリンクラー

  • オシレートスプリンクラー


トリプルアームスプリンクラー

トリプルアームスプリンクラーは、3つのアームがついていて、回転しながら3か所から散水してくれます。数千円で購入できるので購入しやすい金額となっています。

ミストスプリンクラー

ミストスプリンクラーの特徴は、360度霧状のミスを噴射してくれて芝生にはしっとりとした散水ができます。料金も1000円程度で購入できて、ホースにワンタッチで接続できます。

オシレートスプリンクラー

オシレートスプリンクラーは、横に置いてから祝数の散水口から噴射してくれる優れものです。噴水範囲も2m程度から15m程度で自由に設定できて、広い範囲の芝生の散水ができます。

スプリンクラーの性能と価格

  • スプリンクラーの価格

  • スプリンクラーの性能


スプリンクラーの価格

スプリンクラーにはいろんな種類が販売されていて、家庭用から業務用まで幅広い価格帯で販売されています。家庭で使うスプリンクラーであれば、数百円から数千円で購入できます。大がかりな広い範囲の芝生に散水する場合は、10万円を超えるような強力なスプリンクラーも販売されています。一般家庭で使うようなスプリンクラーは数千円のもので十分に可能です。

スプリンクラーの性能

スプリンクラーにはいろんな種類があります。円形に散水するものから四角形に散水するものまで散水する形がいろいろあります。散水したい芝生にあった形のスプリンクラーを選ぶことができます。タイマー設定ができて、どの時間に散水するかなど自動で散水時間に散水してくれスプリンクラーもあります。

おすすめのスプリンクラー

・現在作成中

まとめ

まとめ
いかがでしたか!?今回は、芝生のお手入れで最も手間がかかる水やりを自動化してくれるスプリンクラーについて、その種類・性能・価格(値段)等についてご紹介させて頂きました。是非参考にしてみてください。 スプリンクラーの設置については、自分で行う事も出来ますが、専門業者に依頼することも可能です。最近では、格安で設置してくれる業者もあります。


剪定業界最安値剪定業界最安値

【2019年10月19日 08時36分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。

芝生
【お庭マスター】