【日陰に芝生を植えても大丈夫!?】日陰に強い芝生の種類は!?

庭に芝生を張ろうと考えている人で、どうしても庭の一部が日陰になっている場合等があり、不安に感じている方もいらっしゃるのではないでhしょうか!?そこで今回は、日陰でも芝生を張って(植えて)大丈夫か、また、日陰に強い芝生はどんな種類があるのか等について【まとめ】てみました。

日陰に芝生は植えられるの?

芝生を家の庭に植えるときに、日が当たらない日陰に植えたいと思って植えても大丈夫なのでしょうか?芝生を日陰に植えた場合、育つ芝生があるならば、その品種を知りたいものです。芝生も他の植物と同じで光合成してから成長するものです。そのため、1日に最低5時間程度の日照時間が必要になります。常に日陰になるような場所では芝生は育たないで枯れてしまいます。 それでも、日陰に強い芝生と弱い芝生の種類があるのは確かです。日陰に強い芝生としての野芝・高麗芝・ペントグラス・セントオーガスチングラスの4種類が比較的日陰に強く育ちやすい芝生です。芝生の種類ごとに日陰でどの程度育つのかを詳しく見ていきます。

●日陰に強い芝生

  • 野芝

  • 高麗芝

  • ベントグラス

  • セントオーガスチングラス


野芝

野芝は日本芝の1つで、高温多湿の暖地に向いている芝生です。野芝の特徴として害虫などにも強くて、葉は丈夫にできています。そんな野芝なので日陰で育てるうえで育たないことはありません。さらに寒い地域で育たないこともなく日本国内であればある程度育ちます。

高麗芝

高麗芝も日本芝の1つで、日本芝には高麗芝と野芝の2種類となります。高麗芝は庭の芝生としては非常に人気の芝生です。葉の密度が高く、手入れもしやすいのが高麗芝の特徴でもあります。肌触りも柔らかい芝生に育って、見た目もきれいな芝生です。日陰で育てる上で十分に育つのではないでしょうか。育ちやすい高麗芝は手入れもやりやすくて育てやすい芝生です。

ベントグラス

ベントグラスは、西洋芝の1つで、寒冷地に張るのに向いている芝生です。日本では北日本地域で張るのに向いています。特にゴルフ場などのグリーンで使われている芝生で、冬でも緑が生えるきれいな芝生です。ベントグラスは葉が細くなっていて、見た目が非常に美しくなっています。ただし、害虫や乾燥などに弱いので注意深く観察している必要があります。

セントオーガスチングラス

セントオーガスチングラスは西洋芝生の1つで、冬でも枯れずに緑豊かな芝生を生やし続けることができます。西洋芝全体に言えることですが、セントオーガスチングラスも例外なく冬でも緑豊かな色合いを保ってくれます。しかも、雑草に強くのびのびと生えていて、はだしで歩いてもいたくないほど繊細な芝生です。ここ最近多くの人が注目している人気の芝生です。ただし、手入れするのに手間がかかるのでその点だけは大変です。

日陰に植える芝生の手入れ

日陰に植える芝生の手入れは、日当たりのよい場所に植える芝生の手入れとは若干違います。日陰の芝生を育てるには芝生の葉丈を通常よりも長めに育てるように心がけます。それで、葉を伸ばして少しでも光合成が活発になるようにします。 肥料の与え方も重要です。肥料を多く与えれば栄養が行き渡り成長にも効果がありそうに思えますが、芝生には肥料を与えすぎると逆効果で、芝生が軟弱になってしまって踏み付けにも弱くなり、病気にもかかりやすくなります。このような理由から芝生に与える肥料は与えすぎないようにして、適量の肥料を与えるようにします。最後に水まきにも工夫が必要です。日当たりがよい場所と違って日陰になるので、土地が湿りやすく水撒きには注意が必要です。水を撒きすぎると病原菌が繁殖しやすくなり、芝生が病気になって枯れる可能性があります。

日陰芝の冬越し

芝生の冬越しは大変です。冬になると日照時間が少なくなり日があまり当たらないため、冬場をどう越すかで翌年の芝生の成長度合いが変わってきます。冬の手入れとしては、特に栄養には注意が必要になります。冬場の日照時間が少ない時期に芝生に与えると長生きしてくれる肥料があります。その肥料とはペンタガーデンPROです。これを2週間おきに撒くことで、冬場の芝生を持ちこたえさせてくれて、翌年の春にはまたきれいな緑の新芽を出してくれます。ペンタガーデンPROを使うことで、冬場の肥料を芝生により吸収させてくれます。 芝生の冬越しをするうえで芝生養生シートが役に立ちます。芝生に養生シートを張ることで霜の被害を避けることができます。冬場に芝生に養生シートを張るだけで芝生の緑が冬越ししてくれます。冬の間中、養生シートを張ってから3月の春が近づいた時期に剥がすと、根もしっかりとした芝生が新しい芽を出してくれます。

まとめ

まとめ
いかがでしたか、今回は日陰に強い芝生の種類について【まとめ】てみました。是非、参考にしてみてください。 最近では、インターネットの発達で、比較的安く近くの植木屋さんや専門業者に依頼することが可能です。芝生の種類の選定等から丁寧に対応してくれます。 どうしても、自分で作業する時間が無いと言う方は、これらの業者に依頼するのもおすすめの方法です。見積は無料で依頼できます。


剪定業界最安値剪定業界最安値

【2019年11月15日 09時21分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。

芝生
【お庭マスター】