【庭の芝生の作り方】種類・地域に合わせて芝生の種類を選定しよう!

芝生を庭に敷きたいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか!?そこで今回は、地域(寒冷地・暖地)に合わせた芝生の選び方、お手入れの方法等についてご紹介させて頂きます。

庭に芝生を張る(作る)効果

芝生を作ることでどんな効果がるのでしょうか。芝生と言えば緑を連想するのではないでしょうか。緑には安らぎ感と明るさを表現してくれる植物です。芝生を植えることで、心が安らいで何となく明るい気分にしてくれます。何か悩んでいるときでも心が和み明るさを取り戻せるような気分に変えてくれます。子供がいる家庭では庭に芝生を植えていると、はだしで遊んでも怪我をしないで子供が自然に触れ合うこともできます。

芝生を購入するときのポイント

芝生の購入するときに、いくつかポイントがあります。できるだけ良い芝生を購入するためには、乾燥していないもの、蒸れていないもの、厚さができるだけ薄くて土があまりついていないものを選んで購入するようにします。できるだけ良い芝を購入するには、この3つのポイントをチェックしてから購入しましょう。

芝生の選び方

  • 地域ごとで変える芝生

  • 地域別の選ぶべき芝生の種類


地域ごとで変える芝生

芝生を植えるときには、その土地の気候や知己の特性に合わせた芝生を選んで植えることをお勧めします。できるだけその土地にあった芝生選びが重要で、選び方を間違えると折角の芝生を枯らしてしまいます。日本を気候別に分けるとしたら、北海道・東北・北陸・関東から中国にかけての日本海側・関東から中国にかけての太平洋側と九州・鹿児島と沖縄に分けられます。それぞれの地域ごとにどの芝生が適しているのかを見ていきます。

地域別の選ぶべき芝生の種類

日本を6つの地域に分けてからその中でも寒冷地と暖地別に、それぞれの地域にあった西洋芝や日本芝の飼育に向いているのかを見ていきます。日本は北から南まだいろんな機構を持っていて四季もあるのでいろんな芝生が全国で飼育されています。芝生の種類別の特徴を見ていきましょう。
寒冷地向きの芝生の種類
寒冷地向きの芝生には、ケンタッキーブルーグラス・ベントグラス・ライグラス類などの西洋芝生が適しています。ケンタッキーブルーグラスとベントグラスは、北海道・東北・北陸・関東から中国にかけての日本海側の3地域で植えるのに適しています。ライグラスは、東北・北陸・関東から中国にかけての日本海側の2地域で植えるのに適しています。
暖地向きの芝生の種類
暖地向きの芝生にはコウライシバ・ノシバなどの日本芝が向いています。コウライシバの場合は関東から中国にかけての太平洋側と九州・鹿児島と沖縄の2地域に植えるのに適しています。ノシバの場合は、関東から中国にかけての太平洋側と九州・鹿児島と沖縄に、関東から中国にかけての日本海側で植えるのに向いています。

芝生の作り方のポイント

  • 芝生の下地作りが重要

  • 張り方はまっすぐに張ること

  • 真土をかけることが重要

  • 芝生の水やり


芝生の下地作りが重要

芝生を植えるときに一番大切なことは、土壌作りになります。地域や気温に合わせた芝生の植え方をすることで、より効果的な芝生を植えることができます。芝生の成長を良くし、芝生の健康維持・管理しやすく・見た目のきれいさも重要となります。

張り方はまっすぐに張ること

芝生の植え方の基本といえば、芝生をまっすぐにすることです。可能な限りまっすぐに芝生を植えることで、より効果的な芝生の場所を確保できます。いろんな芝生の種類がありますが先で紹介している地域ごとの発育状況を考えると、できるだけ長い期間芝生を枯らすことなく作り上げていくことができます。

目土をかけることが重要

芝生の下地を作ってその上に地域にあった芝生を植えてくことになります。実際に土壌改善をするだけでも育ち方はだいぶん変わってきます。土台をしっかりと整地した後は、土目をかけてから芝生の穴を防いでおくことも重要です。芝生の植え付けを行うときは、無駄な小石などを取り除く必要があります。

芝生の水やり

芝生を張った後に水を撒きますが、水を撒くときに芝全体に満遍なく撒くようにします。あとは水の撒きすぎには注意が必要です。芝生がしっとりと濡れる程度で水を撒けばいいだけで、撒きすぎには注意が必要です。水を撒きすぎると逆に枯れてしまうこともあるので注意しましょう。

まとめ

まとめ
いかがでしたか!?今回は、庭に芝生を張る(作る)ために必要な、芝生の種類の選定、お手入れの方法(やり方)等について【まとめ】てみました。是非、参考にして頂ければと思います。 芝生のお手入れは、意外と季節ごとに行う作業も多く、なかなか自分で出来ないという方も多いのではないでしょうか!? 最近では、近くの植木屋さんや専門業者に依頼しても、安く作業を依頼できる場合があります。植木屋さんや専門業者に依頼するメリットは、手間をかけず綺麗に芝生のお手入れが出来る点です。時間がない人は、これらの植木屋さんや専門業者に依頼するのもひとつの方法です。


剪定業界最安値剪定業界最安値

【12月07日 01時03分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【12月07日 01時03分現在】
お電話、すぐに対応いたします。

芝生
【お庭マスター】