【芝生の値段(価格)ていくらくらい!?】日本芝と西洋芝はどっちが高い!?

庭に芝生を張ろうと考えている方で、芝生の値段がいくらくらいなのか気になっている人もいらっしゃるのではないでしょうか!?そこで今回は、芝生の種類によってどの程度値段が変わるかについて調べてみました。

芝生の種類と値段

  • 日本芝生の特徴と値段

  • 西洋芝生の特徴と値段


日本芝生の特徴と値段

芝生には日本芝生と西洋芝生がありますが、日本芝生にはどんなメリットがあってどのくらいの値段で購入できるのでしょうか。芝生を選ぶ上で重要なのが芝生を枯らさないで1年間手入れをしながら成長させていくことができるかどうかです。日本芝生と西洋芝生がありますが、日本芝生の特徴は暖地用の芝生で、西日本の暖かい気候に合った芝生です。西日本で芝生を張るには暖地用の日本芝生が最適ではないでしょうか。 ただ、日本芝生と西洋芝生の費用面ではどう違うのでしょうか?気候に合っていても購入できる値段でなければ意味がありません。日本芝生の値段を見ていくと、1㎡当たり500円と非常にリーズナブルな値段です。この値段であれば購入しても良い値段ではないでしょうか。

西洋芝生の特徴と値段

西洋芝生の場合は、どんなメリットがあって、日本芝生と比べて値段は高いのか安いのか見ていきます。西洋芝生の場合は、寒冷地用の芝生で東日本や北日本の寒冷地にあった芝生です。西洋芝生は日本芝生よりも高く1㎡当たり1000円程度します。ただし、人工芝に比べるとリーズナブルな値段なのでそんなに負担になることはありません。

芝生の種類ごとのメリットとデメリット


日本芝生のメリット

日本芝のメリットを詳しく見ていきます。日本芝のメリットは、暑さに強く踏み圧にも強いということです。西日本の暑い地域での育成に向いていて、乾燥にも強く少ない肥料でも力強く育ってくれます。

日本芝生のデメリット

日本芝のデメリットは、葉が固いので裸足で歩くとちょっと痛いかもしれません。冬には枯れてしまうので1年中緑を見たい場合には向きません。日本芝と西洋芝の大きな違いは、苗を植えていくのが日本芝で種を植えて成長させる芝生ではありません。

西洋芝生のメリット

西洋芝のメリットは、1年中緑を保つことです。葉も柔らかく裸足で子供を遊ばせても怪我をすることもありません。追加で増やしたいときは芝生の苗を購入するのではなく、種を撒けば増えてくれます。日本芝と違ってある程度の日陰でも枯れることなく育ちます。

西洋芝生のデメリット

西洋芝生のデメリットは、暑さに弱いところです。そのために西日本などの高温地域ではなかなか育ちません。きたにほん向けの芝生が西洋芝ではないでしょうか。西洋芝は葉が長く育つので、定期的な芝刈りは必要不可欠です。その点は日本芝よりも芝刈りの回数が増えます。乾燥にも弱くて、肥料をたくさん与えなければいけません。

芝生を出来るだけ安く手に入れるには

地域によって芝生の種類を変えると根付きやすい芝生を育てることができます。西洋芝の場合は種からなので費用面はどれもあまり変わらないかもしれませんが、芝生のシートを購入して張らなければいけない日本芝を購入する場合は、購入する店によっても値段がだいぶ変わります。日本芝を購入するときに、どこで買えば値段が安いのかを見ていきます。

ずばり現在の芝生の値段(2018年度版)

  • ホームセンターの芝生

  • 通信販売の芝生

  • 産地直送の芝生


ホームセンターの芝生

ホームセンターで芝生を買うときの値段は30㎝程度の大きさの芝生が1㎡単位で束になって販売されています。1束で日本芝の場合は、500円前後で購入できます。西洋芝の場合は、1㎡当たり1000円前後で購入できます。比較的リーズナブルな価格です。

通信販売の芝生

通信販売で天然芝を購入するときはいくらくらいするのでしょうか?日本芝でも西洋芝でも、ほとんどホームンターと変わらないくらいの値段で販売されています。ただし、通信販売の場合は送料が別途かかるので、その分割高になります。ただし通信販売の場合、自宅にいながら注文出来て、指定した日時に届くので便利です。

産地直送の芝生

産地直送の芝生は、ホームセンターや通信販売に比べると値段の面では大分高くなります。それでも産地直送の人気が高く、その理由は鮮度の問題です。ホームセンターの芝生に比べて芝生の鮮度が全然違います。それが高くても購入者が後を絶たない要因ではないでしょうか。

まとめ

まとめ
いかがでしたか!?今回は、芝生の値段(価格)について【まとめ】てみました。 芝生を自分で張ろう(植えよう)と考えているけど、なかなか時間が取れないと言う方も多いのではないでしょうか!?最近では、インターネットの発達により、近くの植木屋さんや専門業者に安く作業を依頼できるようになりました。 見積を無料で行ってくれるため、どの程度の費用(値段)が掛かるのか問い合わせてみるのもおすすめの方法です。