【芝生が枯れた場合は再生しよう】芝生が枯れる原因を把握し正しく再生しよう!

芝生は、正しくお手入れをしないと枯れてしまう場合があります。この場合、芝生を復活させるために、芝生の再生が必要になります。芝生の再生は、芝生の種類、芝生が枯れている状況を正しく把握し対応する必要があります。今回は、その芝生の再生について解説させて頂きます。

芝生の再生とは何をするの?

芝生の再生とは、成長が思わしくない芝生を復活させる、または枯れてしまって芝生を復活させることになります。芝生は生命力が強い植物ですが、それでも環境や張り方などを間違えるとあっという間に枯れてしまいます。枯れてしまった芝生を復活させるためにどうすればいいのか、芝生の枯れる原因、こんな芝生は再生が必要という芝生について解説させて頂きます。

西洋芝と日本芝の特徴

芝生の再生が必要になる原因には、芝生の特徴をしっかりと把握していない場合が考えられます。芝生には日本芝と西洋芝があります。日本芝とは、夏に緑豊かな色になりますが、冬になると休息期となり枯れたように茶色に変色します。その点西洋芝の場合は、冬でもきれいな緑のままでいてくれます。これが日本芝と西洋芝の大きな違いです。

芝生の再生が必要になる要因

  • 芝生が剥げる

  • 芝生がでこぼこになる

  • 芝生が枯れる


芝生が剥げる

芝生の再生が必要な場合に、芝生が剥げることがあります。一度剥げてしまうとその芝は根付きにくくなり、別の芝と張り替えなければいけません。芝生がはげる原因として、張った後の踏み圧が弱くて浮いてしまっていたためです。あとは、芝生が根付く前に上を歩いたりして圧力をかけたために剥げてしまいます。

芝生がでこぼこになる

芝生がでこぼこになってしまった場合は、芝生の再生が必要になります。でこぼこになった原因として、芝生を張るときに土壌がでこぼこになってしまった場合が考えられます。そうならないようにするために、張るときにしっかりと平らにしておけば良いのですが、そうならなかったときに歯、再生しなければいけません。

芝生が枯れる

芝生が枯れてしまった場合は、張替えを行って再生をする必要があります。芝生の枯れの原因には、夏場の水不足・病害虫によるもの・芝生の軸を切ってしまうなどが考えられます。この場合は、最終的には枯れてしまいます。
時期によって枯れる
芝生が枯れる原因には、時期が関係するときがあります。日本芝の場合は、冬になると必ず枯れます。そのままにしておいても夏にはまた緑に変わってくれるので、そのまま放置していても問題ありません。
芝刈りで枯れる
芝刈りをするときに芝生の成長点を刈ってしまった場合は、枯れてしまいます。この場合は、芝生の張り替えを行わないと枯れたままになります。枯れた部分だけを張り替えて再生します。
購入した芝がすでに枯れている
めったにありませんが購入した芝生の質が悪くて最初から根がすでに枯れていたり、枯れそうだったりしたときに、植えてすぐに枯れてしまいます。購入するときにしっかりと芝生を見極めることができれば、この問題は起こりにくくなります。枯れた芝生は張り替えて再生するしか方法はありません。
除草剤によって枯れる
除草剤の使い方を間違ったり、使う除草剤を間違ったりしたときに枯れることもあります。芝生を枯らさない除草剤を使うのですが、間違って芝生を枯らしてしまう除草剤を使ったりすると枯れてしまいます。除草剤の特徴をしっかりと勉強しておくことで、この問題は解消されます。
病気によって枯れる
芝生が病気によってところどころ枯れることもあります。不特定な場所で枯れているような場合は病気の可能性があります。枯れた場合は、その部分をカットして張り替えを行い再生させます。
害虫によって枯れる
害虫によって芝生が食害にさらされてしまうと枯れることもあります。害虫はいつどこに出るかわかりにくいので、その都度枯れた部分の害虫を駆除してから張り替えをしなければ、どんどん広がります。病気の芝生を取り除いて張り替えを行うことで再生できます。まずは害虫を駆除することが先決で、駆除しなければ再生を行ってもまた食害にあって枯れてしまいます。できる限り害虫は全滅させなければ意味がありません。

まとめ

まとめ
いかがでしたか!?今回は芝生の再生について解説させて頂きました。芝生が枯れる原因は病気、害虫、除草剤等、様々な原因があります。原因により、その対処法も変わります。見た目で判断できない場合もあります。 最近では、インターネットの発達で、近くの植木屋さんや専門業者に直接依頼出来るようになったため、比較的安く作業を依頼する事が出来るようになりました。芝生のメンテナンスを一括して依頼することも可能です。