【芝生が茶色になる原因って何!?】対策は出来るの!?

庭の芝生が茶色になって驚いている方もいらっしゃるのではないでしょうか!?今回は、その庭の芝が茶色になる原因と対策について【まとめ】てみました。正しく原因を把握し、正しい対策をすることで、綺麗な芝生を取り戻すことが出来ます。是非、参考にしてみてください。

芝生が茶色になる原因

  • 枯れた原因が時期によるもの

  • 枯れた原因が芝刈りによるもの

  • 芝を買ったときにすでに枯れている

  • 枯れた原因が除草剤によるもの

  • 枯れた原因が病気によるもの

  • 枯れた原因が害虫によるもの


枯れた原因が時期によるもの

芝生が枯れた原因が時期による場合があります。日本芝の場合は、冬になると自然に茶色になります。冬には枯れて翌年の春に新芽を出して夏に向けて勢いを増します。冬は休息期で春までは何もしないで待つだけです。

枯れた原因が芝刈りによるもの

芝生が枯れる原因に芝刈りがあります。芝刈りは芝生の刈る場所を間違って成長点を刈ってしまうとどうしても枯れてしまします。芝刈りは慎重にしなければいけません。芝刈りをするときには、どこを刈ればいいのかしっかりと見極めてから刈ります。

芝を買ったときにすでに枯れている

芝生を張ってすぐに茶色に枯れてしまうこともあります。この場合は、買った芝生自体が弱っていて、張っても育ちにくく茶色になって枯れてしまうことがあります。

枯れた原因が除草剤によるもの

雑草を除去するために除草剤を使うときがあります。除草剤にもいろんな種類があり、芝生も枯らしてしまう除草剤もあります。除草剤を使うときは、芝生には影響がないものなのかをしっかりと見極めてから使いましょう。

枯れた原因が病気によるもの

芝生が茶色になっている部分がスポット的に枯れているような場合は、芝生の病気が原因の場合です。芝生の刈れる原因として病気になるときもあり、日頃から芝生の状態を見ていることが重要です。

枯れた原因が害虫によるもの

芝生は害虫の格好の餌になります。そんな芝生を害虫の食害によって茶色に変色して枯れることがあります。芝生に穴が開いていたり変に盛り上がっていたりした場合は、害虫の食害によるケースがほとんどです。害虫対策はしっかりと行っていかなければ、被害にあいます。

茶色の芝を復活させる方法

  • 枯れた原因が時期による場合の復活方法

  • 枯れた原因が芝刈りによる場合の復活方法

  • 芝を買ったときにすでに枯れている場合の復活方法

  • 枯れた原因が除草剤による場合の復活方法

  • 枯れた原因が病気による場合の復活方法

  • 枯れた原因が害虫による場合の復活方法


枯れた原因が時期による場合の復活方法

芝生が時期によって枯れるのは自然の成り行きです。冬に芝生が茶色になって枯れるのは当たり前で、特別に何かをする必要はありません。夏にはきれいな緑に成長してくれるので心配ありません。西洋芝が夏枯れをした場合は、種の追い撒きを行って新しい芝の目を育てることで枯れた芝生が復活します。

枯れた原因が芝刈りによる場合の復活方法

芝刈りで枯れてしまった場合でも、根が生きていればそのまま肥料と水を与え続けていくと復活します。それでも茶色で枯れている状態だと、芝生の張り替えを行わないと復活しません。

芝を買ったときにすでに枯れている場合の復活方法

刈った芝生の質が悪くて茶色になり枯れてしまう場合は、張替えを行うしか方法はありません。枯れた芝生を取り除いて、肥料を撒いてから新しい芝生を張ります。

枯れた原因が除草剤による場合の復活方法

芝生を枯らす除草剤を間違って撒いた場合は、絶対に復活しません。復活させたかったら芝生を取り除いて、新しい芝生を張りなおすしか方法はありません。西洋芝の場合は、新しい種を蒔くしか方法はありません。

枯れた原因が病気による場合の復活方法

病気によって芝生が茶色になり枯れてしまった場合は、枯れた部分を剥いでから新しい芝生を張ります。西洋芝の場合は、剥いだあとに種を蒔いて、芽が出るのを待つしか方法はありません。

枯れた原因が害虫による場合の復活方法

害虫の食害によって芝生が茶色になり枯れた場合は、そのままの状態で放置していても徐々に回復していきます。できれば、農薬を撒いて害虫駆除すると、被害が拡大しないで済みます。

芝が枯れないように予防する

  • 芝の張り方はこうする

  • 芝生の育て方

  • 芝生の刈り方


芝の張り方はこうする

基本的な芝生の張り方を見ていきます。芝生を張るときに一番気にしなければいけないのが張る前の土壌です。土壌に砂土などを入れて水はけを良くしてから張ることが重要です。土壌次第で張った芝生の成長度合いが大きく変わります。

芝生の育て方

うまく芝生を張ることができたら、芝生をどう育てるかによって成長度合いが変わります。芝生の育て方で気にしなければいけないのが、水やりと芝生をきれいに刈ることです。水やりは芝生が成長する上で必要なもので、水が不足すると枯れてしまいます。常に芝生の乾燥には気を付けてから水やりをこまめにします。成長とともに芝生が伸びて風邪通しが悪くなります。通気性を良くするために、芝刈りは月に1回程度は行います。この2つは基本で、これだけを最低限行っていれば夏にはきれいな緑色に変わります。

芝生の刈り方

芝生の成長を促すうえで芝刈りは必要で、刈るときの刈り方によっては芝生を枯らしてしまいます。日本芝生の場合は春から夏にかけて成長するので、月に1回は芝刈りをします。刈るときに芝の成長点を切らないように刈っていけば、枯れることもなく成長してくれます。

まとめ

まとめ
いかがでしたか!?今回は芝生が茶色になる原因と対策について【まとめ】てみました。 最近では、インターネットの発達により、近くの植木屋さんや専門業者に、比較的安く作業を依頼できるようになりました。 自分ではなかなか時間が取れない等の理由で、芝生のお手入れ等が出来ない場合は、このような業者に依頼するのもおすすめの方法です。 先ずは、見積を入手して検討してみてください。