【庭のお手入れの頻度と回数】草刈り・草取りの適した天気(天候)

庭のお手入れ(草刈り・草取り・落ち葉拾い)は、必ず行わなければいけない作業です。この庭のお手入れ(草刈り・草取り・落ち葉拾い)は、その程度の頻度や回数行う必要があるのかご紹介させていただきます。

庭のお手入れの頻度と回数

  • 草刈り

  • 草取り

  • 落ち葉拾い


草刈りの時期と回数

草刈りの時期は雑草が成長する時期に行う必要があります。雑草は3月から9月までが成長する時期です。草刈りを行う時期は、草(雑草)の新芽が出てから1か月程度経った段階で行うのがベストです。 草刈りを行う頻度としては、成長が著しい場合は、2ヵ月に1回程度は必要です。10月以降は草(雑草)の成長も止まり枯れてくる雑草もあります。冬になると雑草は生えなくなるので、10月以降は草刈りをする必要はないでしょう。

草取り

草刈りは種で増える雑草には効果的ですが、根で成長する雑草の除去には向いていません。根で成長する草は草取りが有効です。草取りは、草を根元から取り除きます。草取りも草刈りと同じで、新芽が生えてから1ヵ月くらいがおすすめの時期です。根元から除去した草(雑草)は2度と生えてこなくなるため、以降の草取りは不要です。 草取りの方法としては、硬い土の場合は事前に水を撒いて土を柔らかくすると容易に草を抜くことができるためおすすめです。 時期はずれますが、6月の梅雨のシーズンは雨がよく降るので、地面が柔らかくなっていて抜きやすくなります。

落ち葉拾い

10月から11月は植木の葉が地面に落ちてきます。地面に落ちた枯れ葉を拾うのに適した時期は11月です。11月になると落ち葉も落ち切ってそれ以上落ちなくなります。その時に拾う事で、以降作業を行う必要が無くなります。

草刈り・草取りに向いた天気(天候)

  • 草刈り

  • 草取り


草刈り

草刈りをしやすい天気(天候)は、ある程度雨が降らなかった状態が続いた日です。この様な天候(天気)であれば、草がある程度乾燥します。このため簡単に草刈りをすることが出来ます。逆に、雨が降った後は、草が濡れている場合が多く、綺麗に切れなかったり、刈っている最中に草刈り機に巻き付いたりして時間がかかり効率が悪くなります。従って、最低でも前日が晴れて、草が乾燥した状態になっている日に作業を行うのがおすすめです。

草取り

庭の草取りは草刈りとは違い、土が湿っている方が除去しやすくなります。従って、前日に雨が降り、庭が少し湿った状態だと簡単に作業を行う事ができます。

まとめ

まとめ
今回は、草取り・草刈りの頻度、草取り・草刈りがしやすい天気(環境)についてご紹介させていただきました。 庭が広すぎて草刈り・草取りがめんどう、時間が無いと言う人も多いのではないでしょうか!? 最近では、インターネットの発達により、近くの植木屋さんや専門業者に庭掃除や害虫駆除を安く依頼することが可能です。見積依頼も無料の業者も多く、直ぐに作業も依頼出来ます。先ずは、見積を依頼してみるのがおすすめです。


剪定業界最安値剪定業界最安値

【2019年10月19日 08時59分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。

庭掃除
【お庭マスター】