【夏(6月・7月・8月)の庭のお手入れ】水撒き・病気対策・害虫対策・肥料

夏場のお庭のお手入れには幾つかのポイントがあります。夏場は気温の上昇により、植物もお手入れが必要になります。また、害虫も夏場が多く対策が必要です。今回は、夏場に具体的にどのようなお手入れをした方が良いかに付いてご紹介させていただきます。

夏場に必要な植物のお手入れ

夏になると気温も上がり暑さが身に染みる季節になります。暑くて作業しにくい季節ですが、植物の勢いが一番ある時期で植木が勢いよく成長します。庭掃除(庭のお手入れ)はこの時期も重要で、作業としては、こまめな水やり、雑草除去、病気対策などがあります。 夏場の庭の手入れ(掃除)は、高温になるため作業者は、熱中症対策を行い作業するようにしてください。熱中症対策には、直射日光を浴びない服装で、半袖・半ズボンではなく、長袖長ズボンはでの作業がおすすめです。また、十分に水分を補給するようにしてください。
  • 水撒き

  • 暑さ対策

  • 害虫対策

  • 病気対策

  • 暑さで弱った植木のを回復方法


水撒き

夏の水やりにはいくつか注意点があります。夏は日差しが暑く水分も不足します。このため、出来るだけ多くの水分を供給する必要があります。また、水を撒く時間帯には注意が必要です。
水撒きの時間
夏は暑いため昼間に水を撒くと植木が枯れてしまう場合があります。そうならないようにするために、日が落ちる夕方が理想的です。
植物の細胞へ水を供給する
水を与えるということは。植物の中の細胞の水分を保つことになります。植物が元気に成長するためには、根から水を吸い上げて細胞内に取り込んで初めて植物は生きていけます。十分な水分を与えることで細胞の水分量を保つことが可能です。
水分は植物に必要な栄養素を作る
水分は植物の90%を占めています。植物は根から水を吸収して葉まで運ばれます。運ばれた水と炭酸ガスで光合成をおこないます。光合成によって植物に必要なでんぷんが作られます。水やりをすることは、光合成やでんぷんの生成には欠かせません。植物は水分を得ることで植物の温度を一定に保つことができます。
根が呼吸するための酸素を供給する
水撒きは、植物へ直接水を供給するだけではありません。土中に空気を与える役割も担っています。水撒きにより水が土の中を通過するとその経路に隙間が出来て、空気の通り道となります。このため、土の中に新鮮な空気を送り込むことができます。
水やりの頻度
水撒きの頻度は、朝、夕方の2回が理想的です。

植物の暑さ対策

夏の暑さは植木にも影響します。日中の暑さを植物が直接浴びると枯れてしまう場合があります。暑さを低減させるためにも水撒きは重要な作業です。植物の成長を促す目的以外にも、土の温度を下げる等の効果もあります。これ以外にも日陰を作り植物に直射日光が当たらない様にするのもおすすめです。

害虫対策

春から夏にかけて害虫が発生します。害虫対策は消毒が最も有効な手段です。消毒の時期は春先から夏をすぎるまで定期的に行う事が必要です。また、害虫が植物に付いてないかを日々確認するようにしてください。

病気対策

夏場は植物が病気にかかりやすい時期(季節)です。水撒き等を怠らないことも植物を病気から守る方法です。

暑さで弱った植木のを回復方法

暑さで植物が弱った場合は、植物を回復させるために水以外に栄養を与えることが重要です。与える肥料の種類は肥料成分を含んでいない資材を与えることが有効です。植木の根を活性化させて回復させます。具体的には、核力剤スーパーパイネなどの資材を植木に与えることで、より植木を活性化させることができます。

まとめ

まとめ
いかがでしたか!?今回は、夏場のお庭のお手入れで重要な事について【まとめ】てみました。夏場は、気温の上昇により、作業する人の負担も大きくなります。予算に余裕がある方は、近くの専門業者や植木屋さんに依頼するのもおすすめの方法です。 最近では、インターネットの発達により、近くの植木屋さんや専門業者に庭掃除を安く依頼することができます。見積依頼も無料の業者も多く、直ぐに作業も依頼出来ます。先ずは、見積を依頼してみるのがおすすめです。


剪定業界最安値剪定業界最安値

【07月05日 09時47分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【07月05日 09時47分現在】
お電話、すぐに対応いたします。

庭掃除
【お庭マスター】