【春(4月・5月・6月)の庭掃除は何をやればいい!?】やり方・道具【まとめ】

今回は春の庭のお手入れをどのようにすればいいか、その方法、道具等に付いてご紹介させていただきます。春は、庭の植物が成長しはじめる時期です。同様に雑草等も成長をはじめます。このため、春に適切な作業を行う事で、夏以降の作業低減にもつながります。

春の庭掃除

春の庭では、新しく新芽が出始めてから成長しようとする時期で、植木自体の選定作業などは必要ありません。新芽が出始める時期は雑草も生え始める時期でもあります。雑草取りをするには春が最適な時期です。4月から5月にかけて雑草をきれいに取り除いておくと、夏場の庭の手入れが楽になります。春の庭の手入れを行う事でその後の夏の作業も低減することが可能です。
  • 雑草除去

  • 砂利敷き


雑草除去

4月の春には、植物が新芽を出す時期で植木も新芽を出して夏にかけて成長しはじめる時期です。適切な方法は、先ず雑草を除去し、その後栄養を与えることで、与えた栄養が雑草に食われることなく、目的の植物の成長を促すことが可能です。雑草を除去する時期としては、春が最も最適で、まだ成長を始めたばかりの雑草の根っこから除去すれば、その後夏に雑草が成長して問題になることはありません。
春の作業が夏の作業を低減させる
この時期に雑草の除去をすることで夏の雑草除去の作業量を減らすことが可能です。従って、少し無理をしても春に出来るだけ多くの雑草を除去することが結果的に作業効率を上げることに繋がります。

砂利を敷く

生えてきた雑草を抜く作業を終えたら、雑草を生えにくくするのがおすすめです。砂利を敷くことで雑草自体が生えにくくなります。また、雑草が生える前の2月頃に砂利を敷くことで雑草が生える事を抑えることも可能です。防草シート等も同様の効果があります。

春の庭のお手入れに必要な道具

雑草除去等の作業がメインになる春の雑草取り等の庭の手入れでは、便利な道具を使うと作業効率が上がります。特におすすめなのがねじりカマです。ねじきりカマは、土を掘って雑草を一緒に取り除けます。コンクリートとコンクリートの隙間の雑草も、ねじりカマの先端を差し込んで簡単に取り除けます。また、フォークのような形をした草抜き器具もあります。雑草が生えている土に差し込んで、手元へ引くだけで取れます。ほとんど力がいらないため女性でも簡単に雑草取りができます。レンガなどの隙間に生えている雑草を取るには、盆栽用の根さばきを使うと簡単に抜き取れます。刃先が直角に曲がっていて、先の刃を差し込んでから手前に引くことで雑草が取り除けます。

まとめ

まとめ
いかがでしたか!?春は、植物が成長しはじめる時期です。この時期に雑草の除去等を行う事で夏以降の作業を低減することが可能です。どうしても時間が無い等の理由がある場合は、近くの植木屋さんや専門業者に依頼するのもおすすめの方法です。 最近では、インターネットの発達により、近くの植木屋さんや専門業者に庭掃除を安く依頼することができます。見積依頼も無料の業者も多く、直ぐに作業も依頼出来ます。先ずは、見積を依頼してみるのがおすすめです。


剪定業界最安値剪定業界最安値

【12月07日 00時27分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【12月07日 00時27分現在】
お電話、すぐに対応いたします。

庭掃除
【お庭マスター】