【庭掃除(草刈り・草取り)や庭のお手入れ(剪定)を安く(格安)にする方法】

庭掃除(草刈り・草取り)や庭のお手入れ(剪定)を安く(格安)で行いたいと考えている方も多いのではないでしょうか!?今回は、その庭掃除(草刈り・草取り)や庭のお手入れ(剪定)をどのようにすれば安く(格安)にできるか、業者に依頼した場合の値段・価格・相場はどの程度か、最安の業者の探し方等に付いてご紹介させていただきます。

庭掃除(草刈り・草取り)や庭のお手入れ(剪定)を安く(格安)にする方法

庭掃除(草刈り・草取り)や庭のお手入れ(剪定)をするときに一番安い料金で行うにはどうすれば良いか知りたいと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか!?庭掃除(草刈り・草取り)や庭のお手入れ(剪定)をするときに一番安く(格安)する方法は、自分で庭掃除(草刈り・草取り)や庭のお手入れ(剪定)をすることです。作業自体を自分でするわけなので業者に依頼をするよりは断然安く(格安)できます。自分で庭掃除(草刈り・草取り)や庭のお手入れ(剪定)をする場合、道具が必要になります。道具代を考えると業者に依頼した方が安く(格安)なる可能性はありますが、毎年しなければいけない作業なので、結果的には、業者に依頼するよりは自分でした方が安く(格安)なります。 一方で、自分で庭掃除(草刈り・草取り)や庭のお手入れ(剪定)をすることは相当な重労働になります。特に夏場の庭掃除は暑さも重なり、熱中症などの心配をしなければいけません。高齢者が自分で庭掃除(草刈り・草取り)や庭のお手入れ(剪定)をすると無理がたたって熱中症にかかる可能性があります。最近の温暖化に伴う気温の上昇や年齢を考えると、多少お金がかかっても業者に依頼した方が良い作業もあります。 庭掃除(草刈り・草取り)や庭のお手入れ(剪定)の中で依頼した方が良い作業として草刈りや植木の剪定があります。草刈りは電動の草刈り機を使って刈った方が早く終わります。庭が広ければ広いほど電動の草刈りが必要になります。次に植木の剪定も業者に依頼した方が間違いはありません。植木の剪定には植木の知識が必要になります。ただ植木を切るだけではなく、どこをどのように切ればいいかという剪定方法があります。しっかりと剪定方法を勉強しなければ植木を枯らしてしまいかねません。そうならないようにするためにも業者に依頼した方が安心できます。 庭の草取りですが。これはケースバイケースです。雑草がどのくらい生えるかによって業者に依頼した方がよいのか自分でやった方が良いのかが変わります。庭が広くて雑草が相当生える場合は、自分で草取りをしていてもなかなか終わりません。夏場の草取りは特に暑さが重なるため、熱中症にかかる可能性もあります。そう考えると業者に依頼した方が楽できれいに草取りを行ってもらえます。

【メリット・デメリット】

  • 業者に依頼する場合の【メリット・デメリット】

  • 自分で行う場合の【メリット・デメリット】


業者に依頼する場合の【メリット・デメリット】


【メリット】
庭掃除(草刈り・草取り)や庭のお手入れ(剪定)を業者に依頼するメリットには早い、きれい、簡単の3つがあります。作業自体が成れているので早く終わります。出来上がりもきれいに仕上がり満足できる仕上がりになります。自分で作業する必要がなく、お金を出して依頼するだけで指定の日に作業をしてくれます。
【デメリット】
業者に依頼する場合のデメリットは、お金がかかるということです。作業を全てお任せできる反面、作業量や技術料として支払いが必要となります。費用面であまり予算がないときには、業者に依頼するのを躊躇してしまいます。

自分で行う場合の【メリット・デメリット】


【メリット】
自分で作業する場合で一番のメリットは自分ですべての作業をするので、終わったときの達成感です。業者に依頼した場合は同じような達成感は得られません。自分で庭の手入れをするため、好きなように手を加えることができます。出来上がりは自分の作業した分だけ満足できます。
【デメリット】
高度な技術が必要となる植木の剪定などはできません。また、作業時間が長くなり、それだけの時間を確保しなければいけません。自分でするため、思ったような庭掃除(草刈り・草取り)や庭のお手入れ(剪定)ができないときがあります。創造と実際の作業では全く違います。特に植木の剪定は高度な技術が必要となる場合があるため、思った以上に出来が悪かったりします。

庭掃除(草刈り・草取り)や庭のお手入れ(剪定)の相場

庭掃除・草取り・草刈り・剪定についてその相場をご紹介いたします。この相場は、あくまでも一般的なもので、庭の広さや剪定する植物の種類によって、その料金は変わります。従って、実際に作業を行う際には、複数の業者から見積を行い、契約内容を確認し作業依頼するようにしてください。
  • 庭掃除

  • 草取り

  • 草刈り

  • 剪定


草取りの相場

草取りを業者に依頼した場合、1日作業員を1人使うと10000円というのが相場です。業者によっては作業内容により価格が変わります。草取りに関しては庭の広さで料金が決まる場合があります。

草刈り

庭の草刈りを依頼した場合、作業時間として5時間程度で終わります。この場合の料金の相場は15,000円程度です。作業料金に機材を使うことで技術料がある程度含まれます。これに草刈りをした雑草の処分費として別途徴収されます。一般的な家庭の場合は、5,000円程度かかると考えておいた方が良いでしょう。業者によって料金に格差があります。適正価格は一般的な庭の草刈りで30,000円以内というのがリミットで、それ以上高い見積もりの場合は別の業者にした方が賢明です。

植木の剪定を依頼した場合の相場

植木の剪定作業を業者に依頼した場合どのくらいかかるのでしょうか?植木の剪は、植木の種類や大きさによっても料金はかわります。小さな植木であれば安い料金で剪定して貰えますが、大きな植木の場合はその分料金がかかります。 実際に一般的な植木の剪定料金を見ていきます。低木の場合、1本当たり3,000円、中木の場合1本当たり6,500円、高木の場合1本当たり16,000円というのが相場です。伐採するときは料金が変わります。低木の伐採は1本当たり5,000円、中木の場合1本当たり10,000円、高木の場合1本当たり25,000円というのが相場となります。 植木や庭他にも生垣の剪定の場合は1本当たり2,000円、植え込みの剪定の場合1㎡当たり600円というのが相場です。相場料金を知っていると、依頼するときに高いのか安いのかがすぐにわかります。安いに越したことはありませんが、作業後の出来栄えを考えると料金の安さよりも評判を重視した方が賢明です。

依頼する業者によっても料金が変わる

庭掃除をするときに作業内容ごとに相場を見てきましたが、それだけではわかりません。作業内容だけではなく、依頼する業者の種別によっても金額が変わります。庭掃除を依頼できる業者には植木職人、ハウスクリーニング業者、シルバー人材センターなど様々な業者があります。それぞれの業者には特徴があり、植木職人に依頼する場合は、植木の専門知識を持っているので、植木の剪定作業を任せられて安心して依頼できます。雑草取りや草刈りを依頼する場合は、植木職人よりも価格が安いハウスクリーニング業者やシルバー人材センターに依頼すると安く(格安)仕上がります。 業者を使い分けすることで、作業後の出来栄えと料金のバランスを図ることができます。一言に庭掃除と言っても作業内容が変わるので、それぞれの作業に合った業者選びが大切です。

まとめ

まとめ
今回は、庭掃除を自分でやった方が良いか、業者に依頼した方が良いかについて解説させていただきました。業者に依頼する場合は、必ず複数の業者から見積を入手し契約内容を確認してから依頼するようにしてください。 最近では、インターネットの発達により、近くの植木屋さんや専門業者に比較的安い価格で依頼することが可能になりました。見積無料の業者に見積依頼を行い、作業を依頼するのもおすすめです。