【庭掃除(お手入れ)が簡単な落ち葉の少ない植物と落ち葉の多い植物】

庭に植物を植える場合、その植物のお手入れにどの程度の手間がかかるのかを把握し植える必要があります。葉が落ちる落葉樹は、その落ち葉を掃除する等の手間がかかります。自分が植える植物がどのよう種類の植物で、植えた後に掃除やお手入れの手間がかかるかを理解したうえで植えるのがおすすめです。

庭掃除・お手入れを少なくする植物選び

庭を造るために植物を植えるのは一般的です。しかし、植物を植えるとそのお手入れが大変になります。従って、植物を植えた場合は、ある程度のお手入れが必要になります。 実際に、植木の種類は多様で、常葉樹は、1年中葉が落ちないで緑のままで過ごす植木(植物)や、秋になると紅葉して葉が全て地面に落ちてしまう落葉樹があります。このため、ある程度植木を植える段階で、将来的なお庭のお手入れを想定し、植木(植物)の種類を選ぶ必要があります。

植木(植物)の種類と庭掃除・お手入れ

植木には幾つかの種類があります。葉っぱが落ちる植木や、葉っぱの落ちない植木、高さの違いや葉の形の違いによっても種類があります。今回は、庭掃除、お手入れの手間を考えた場合にどのような種類の植木を選べば良いかという観点で、植木の種類をご紹介いたします。
  • 常緑樹

  • 落葉樹


常緑樹

常緑樹とは、1年を通して葉が緑のままで枯れることがありません。そのため落ち葉として地面に葉が落ちることもありません。常緑樹の中にも広葉樹と針葉樹の2種類があり、広葉樹は葉が平たくて表面積が広くなっています。針葉樹は葉が細くとがっています。

落葉樹

低温の時期になると葉が全て落ちてしまいます。冬になると枝だけになります。葉が落ちて枝だけになり、地面が一面枯れ葉になります。

葉が落ちない植木

  • シラカシ

  • シマトネリコ

  • コニファー

  • ヒイラギ

  • クチナシ

  • キンモクセイ

  • オリーブ

  • ヤマモモ


シラカシ

シラカシは、刃に特徴があり、細長く小宅がありきれいな常緑樹の一種です。枯れることがないため植木の手入れがしやすくて、ずぼらな人でも植えていても大丈夫です。どんぐりで良く知られる木で、誰もが知っている木ではないでしょうか。

シマトネリコ

シマトネリコは、日本では沖縄に自生している暑い地域で育てるのに向いています。やや寒さに弱いため東日本などではあまり育ちません。落ち葉が出ないのと、害虫にも強く病気にも強いため人気の植木です。堰堤をしても枯れにくく素人が剪定しても大丈夫です。何よりも販売価格が安いのでお手軽に購入できます。

コニファー

コニファーは、一般家庭の庭で育てやすく1年中緑色の葉を広げています。クリスマスシーズンでも緑色をしていてクリスマスツリーとして使うと効果的です。暑さに弱いため夏場には©水不足で茶色に変色することもあります。その分、日陰や寒さに強いので日の当たらない場所に植えておいても枯れることはありません。ホームセンターでも良く販売されています。

ヒイラギ

ヒイラギは、原産地は日本と台湾となっていて、背丈は最大6mほども出成長します。比較的手入れがしやすい木で常緑樹のため葉が落ちることがありません。10月から11月にかけて白い小さな花を咲かせます。花が開花した時期は非常にきれいです。

クチナシ

クチナシは、梅雨時にきれいな大きな6弁花を咲かせてくれます、観賞用と志位は非常に美しい花を咲かせてくれます。背丈は最大2mほどしか育たないため手入れは非常にやりやすくなっています。常緑樹なので枯れることなく落ち葉が地面に落ちる心配はいりません。暑い地域で良く育つので西日本一帯で育てるのに向いています。

キンモクセイ

キンモクセイは10月中旬ごろにはオレンジ色のきれいな花を咲かせます。常緑樹なので刃は落ちないため、庭掃除が楽です。背丈は最大6mほどしかならないので、庭木としては手入れがしやすい木ではないでしょうか。寒い地域では育ちにくいため西日本で育てるのに向いています。

オリーブ

オリーブはオリーブ油の元となる実を慣らす植木で、10月から11月にかけて黒褐色の実がなります。この実をつぶしていくとオリーブ油が出てきます。オリーブはピクルスとしても利用されます。オリーブの葉は平和のシンボルとして有名です。

ヤマモモ

ヤマモモとは自然の山のモモの意味で、山に自生していて食べられる果実です。葉は常緑の緑を一年中開いていて落ちることはありません。背丈は最大15mまでなり、赤い花を咲かせます。庭に植えても葉が落ちないので手入れが楽でおすすめです。

葉が落ちる植木

  • ハナミズキ

  • ライラック

  • ジューンベリー

  • アオダモ

  • シラキ

  • アジサイ

  • イロハモミジ

  • モミジ


ハナミズキ

ハナミズキはピンクや白いきれいな花を咲かせます。見るだけでも楽しめる落葉広葉樹です。もとはアメリカ東部が原産地で、明治42年ごろに日本にもわたってきました。日本でも現在は、北海道から九州まで原生していて幅広く愛されています。花だけではなく、香油もきれいなので、1年間通して観賞できます。苗木は2000円から30000円と幅広い価格となっています。

ライラック

ライラックは4月から6月に開花して、香りが非常に良い花を咲かせます。観賞用としてだけではなく、香りを楽しむことができます。北海道では街路樹として有名で、生活の場でよく見かける樹木です。病害虫に非常に強く手がかからない樹木です。苗木の価格は1000円から3000円とリーズナブルな価格で購入しやすい樹木となっています。

ジューンベリー

ジューンベリーはあまり知られていないかもしれませんが、小さな白くてかわいらしい花を咲かせます。実はジャムにするとおいしく食べられます。秋になると紅色に葉がそまり美しい紅葉を楽しむことができます。夏の換装には弱いので気を付けておかなければいけません。病害虫にも比較的強くあまりつかない樹木です。苗木の価格は、1000円から15000円と幅広い価格で販売されています。

アオダモ

アオダモは白い花を一面に咲かせてくれて、景観を楽しむことができる樹木です。当初は植木としてはあまり使われていなかったのが、きれいな花を咲かせるので、家庭の植木としても最近は良く見かけます。家のシンボルツリーとして植えている家庭が増えてきています。苗木の価格は、800円から30000円と幅広い価格で販売されています。

シラキ

シラキは、秋にはきれいな紅葉を端惜しむことができる樹木ですが、春の新緑の時期もきれいな緑色の葉を咲かせてくれて観賞用として植えるには最適な樹木ではないでしょうか。実は油分が多いので燃料にできます。苗木の価格は、1000円から20000円と幅広い価格で販売されています。

アジサイ

アジサイは有名で、葉はテカテカしていて、湿った土を好む樹木です。病害勇に非常に強く、害虫駆除の必要もないくらい元気な樹木ではないでしょうか。寒さには弱く、寒冷地ではあまり育たないため暖地で育てるのに向いています。苗木の価格は、500円からとなっていて購入しやすい価格で販売されています。

イロハモミジ

イロハモミジは、ある程度の寒さにも耐えられる落葉樹で秋にはきれいな効用を見せてくれて自宅にいながら季節を感じることができる木です。東アジアが原産地で4月から5月にかけて花を咲かせてくれます。

モミジ

モミジは秋の紅葉シーズンにはきれいな紅色に葉は変色するので、きれいな効用で秋を感じることができます。ただし、紅葉後には刃が全て落ちるので、庭掃除が大変です。落ち葉を集めて主文しなければいけません。毎年のことなので、庭の手入れが嫌いな人には向いていません。

まとめ

まとめ
いかがでしたか!?今回は庭掃除の手間と言う観点で、葉が落ちない植物と葉が落ちる植物をご紹介させていただきました。庭に植物を植える際には、その植物がどのような特徴を持っているか把握し、植えた後は、どの程度の手間がかかるのかを把握したうえで植えるようにするのがおすすめです。


剪定業界最安値剪定業界最安値

【12月07日 00時09分現在】ただ今の時間、お電話すぐに対応いたします。
【12月07日 00時09分現在】
お電話、すぐに対応いたします。

庭掃除
【お庭マスター】