【庭掃除(草刈り・芝刈り)に必要な道具】種類(エンジン式・電動式)【まとめ】

庭の草(芝)刈りを自分でやろうと考えている人も多いのではないでしょうか!?今回は、その草(芝)刈りに使う草(芝)刈り機について、その種類を【まとめ】てみました。

庭掃除(草刈り・芝刈り)で最も大変な雑草取り

庭掃除(草刈り・芝刈り)をするときに一番大変なのが雑草取りです。雑草取りをするには手で抜き取るか道具を使って草を刈る方法があります。草刈りをする場合に使う道具では草刈り機が一番おすすめです。草刈り機と言っても手動のカマ、電動式、エンジン式があります。

庭掃除(草刈り・芝刈り)で便利な草刈り機

雑草を取るには根から抜き取るのが一番効果的な方法です。庭の広さや、雑草の量によりその作業量が変わります。草抜きをやるには時間がかかりすぎて大変な作業となります。量が少ない場合は、手動で出来ますが、量が多い場合は電動の草刈り機が便利です。

電動草刈り機の種類

最もおすすめの草刈り機は電動式のものです。エンジン式のものは、草刈りを本業にしている植木屋(業者)さん向けの商品です。
  • 電動式

  • エンジン式


電動式

草刈り機には種類があり、電動式と充電式があります。充電式の場合は、コードレスになっているのでコードレスのため、持ち運びがしやすく庭の隅まで草刈りができます。コード式の場合は、コードが付いているのでコードが邪魔になりなかなか草刈りがしにくくなります。但し、コード式の場合はパワーが違い強力です。パワー重視で草刈りを行うのであればコード式の草刈り機がおすすめです。

エンジン式

エンジン式の草刈り機は、2サイクルと4サイクルがあり2サイクルの草刈り機は、パワーもあるため便利ですが、燃料にガソリンとエンジンオイルの混合等を行う必要があるため少し手間がかかります。このため利便性の高い4サイクルが現在では主流となっています。

草刈り機の刃の種類

草(芝)刈り機は刃の種類で分けることができます。
  • ナイロン

  • チップソー

  • 金属


ナイロンカッター

電動草刈り機で使う刃の中でナイロンカッターというものがあります。ナイロンカッターは、細かくて柔らかい草を刈るのに便利です。砂利や石などがあっても刃が壊れることなく雑草を刈ることが出来ます。ナイロンカッターを選ぶ時のポイントは出力と刃の交換方法です。 草刈り機の出力に合っていないと、折角のナイロンカッターが十分な能力を発揮しません。出来るだけ効率の良いナイロンカッターを使うには、草刈り機の出力に合わせて刃の選定を行います。交換方式ですが、自動と手動の2種類あり、自動の場合は、切れたコードを勝手に交換します。利便性が高いのは自動式のものです。

チップソー

チップソーと刃先端部分に金属チップを付けたもので、現在は多くの芝(草)刈り機に採用されています。刃の大きさは9インチと10インチの2種類あり、草刈り機によって変わります。9インチの刃は枯れ木などの硬いものを刈るときに向いていて、10インチの刃は草など柔らかい物を刈るときに向いています。

金属

同じ金属刃でもこちらは、チップソーから金属片を取り除いて刃数を減らしたのがこのタイプです。刃の枚数は2枚から8枚刃が主流で、葉の数が少ないほど広範囲の庭を草刈るのに適しています。2枚刃は自治体などで禁止されている場合があります。3枚刃以下の場合は、固いものに当たったときの反動があり危険に陥るためおすすめできません。安全に作業を行うためには刃の数が多い物がおすすめです。

草(芝)刈り機のハンドルタイプ

  • 両手ハンドル

  • ループハンドル

  • ツーグリップハンドル


両手ハンドル

草刈り機を持つときには、持ち手には両手ハンドルがあります。刃からシャフトにかけてU字型のハンドルが付いたものです。最近の草刈り機の主流の持ち手となっています。ハンドルを両手で持ちながら平行に刃を左右に動作させて刈るタイプです。刈るときに軽くて安定しています。使用する人と刃の距離が一定のため、事故は起こりにくくなりますが、体勢が固定されて疲れやすくなります。

ループハンドル

ループハンドルは、シャフトの部分に車のハンドルを半分に切ったような形の物が付いています。ハンドルを左手で持って上下へ動作させるのもさせやすくなっています。両手でもループハンドルをもって作業ができて、色々な草刈りに合わせた使い方ができます。ループハンドルは、作業途中に身体への負担が少ない草刈り機です。

ツーグリップハンドル

ツーグリップハンドルは直接シャフトに両手を添えて作業するようになります。斜面などの草刈りをするときに向いています。斜めに草刈りをするのに適したグリップハンドルの草刈り機です。使い方によって色々とできるため、細かな作業をするときには一番使いやすい芝刈り機です。グリップを持つタイプは平たんな土地の草刈りをするのには向いていません。

人気おすすめ草(芝)刈り機

  • マキタ充電式草刈機

  • マキタ草刈機ナイロンコード式

  • マキタ草刈機8枚刃

  • RYOBI (リョービ)電気式刈払機

  • 平城商事プラッター草刈り機 バロモア


マキタ充電式草刈機

マキタ充電式草刈機は、ヘッド部分の角度調整ができる便利な草刈り機です。ロックボタンを押すだけで5段階調整ができます。刃にはナイロン製コード式が採用されていて、怪我をし難い作りになっています。30000円弱程度で購入できます。一度購入すると後は消耗品の交換だけで使えます。

マキタ草刈機ナイロンコード式

マキタ草刈機ナイロンコード式は、ナイロン製のコードを刃にして草を刈るようになっていて怪我をすることはありません。安全面ではコード式が一番で、価格も8000円を切るのでリーズナブルで実用性が高い草刈り機です。スプールの先端部分は、金属製となっていて摩耗耐久性が非常に高くなっています。

マキタ草刈機8枚刃

マキタ草刈機8枚刃は、金属製の8枚刃の分割性となっていて、刃を交換するだけで使えます。価格は40000円弱となっていて若干高い気がしますが、草刈り機のパワーと使いやすさを考えると便利な草刈り機です。

RYOBI (リョービ)電気式刈払機

RYOBI (リョービ)電気式刈払機は、電気式の草刈り機で柔らかい草木を刈るのには向いています。際刈りガード機能も付いていて、際刈りをするときにも便利です。持ち手部分はU字型を採用されていて、価格も10000円弱とお手頃価格となります。

平城商事プラッター草刈り機 バロモア

平城商事プラッター草刈り機 バロモアは、草刈りをするときの使う人の負担が少なくなっています。芝刈り機の中でも変わった形をしていて、後ろから押して雑草を刈っていくタイプです。使う人が楽に草刈りができるようになっています。このタイプだと女性でも楽に草刈りができます。よく考えられて草刈り機となっています。ただし価格が45000円程度するので高額となっていて、狭い場所の草刈りはやりにくくなっています。

まとめ

まとめ
いかがでしたか!?今回は草(芝)刈り機について【まとめ】てみました。ただ、仕事量にもよりますが、現在ではインターネットの発達により、近所にある植木屋(業者)に安く作業を依頼することが出来るようになりました。幾つかの業者に見積依頼し価格を確認して作業を依頼するのも一つ選択肢です。 最近では、インターネットの発達により、近くの植木屋さんや専門業者に比較的安い価格で依頼することが可能になりました。見積無料の業者に見積依頼を行い、作業を依頼するのもおすすめです。